入職してからの期間別に見たケース 看護師辞めたい、辞める

期間別に見た、看護師を辞めたいケース

更新日:

期間別 看護師 辞めたい

こちらは、期間別に見た看護師を辞めたいケースの事例になります。

3ヶ月で看護師を辞めたいケース

3ヶ月というのは、試用期間になります。でも、私は、毎日辞めたくて仕方がありません。日勤予定表に書いていない、お湯入れや日誌の回収など、気を回してやれと言われています。仕事をしていると、後ろから舌打ちされます。だから、仕事の手が空いても戻りたくないので、長くトイレに隠れています。鈍臭い自分が悪いのでしょうが、帰り道を歩いていると、何もないのに、涙が出てきます。早く辞めたいです。

半年で看護師を辞めたいケース

私は、看護師1年目に半年で病院を辞めました。その病院では、プリセプターが名ばかりの方ででまともに指導もしてもらえませんでした。だから、未だにアセスメントとか勉強とか苦手です。
次の職場のクリニックでは、看護師でもある院長夫人が医者並の知識を求めてきて勉強が辛く、付いてこれないと思うや、遠まわしないじめを受け、正直いられませんでした。現在、次の職場を探していますが、本当に看護師に向いてるのかなと疑問を抱きながら看護師の求人を見てる日々です。

1年目で看護師を辞めたいケース

1年目の新人看護師です。毎日、患者さんの命に関わるような責任の重い仕事を、一人ではないにしても、やっています。けれども、自分が誇らしいというよりも、ミスをしてしまった場合を考えてしまい、とても怖くなってしまいます。もしも、自分の重大なミスで先輩に迷惑をかけてしまったらどうしよう、もしも、万が一、自分のせいで患者さんが亡くなられてしまったらどうしよう、と考えてしまいます。そうした不安からか、小さなミスをいくつも犯してしまい、先輩には怒られる毎日です。だから、どんどん自信を失ってしまい、今の仕事に向いていないのではないかとさえ思っています。他の人に相談したら、人の命を扱う看護師の仕事は、大変意義が大きいのと同時にとてつもなくプレッシャーの大きい仕事であり、特に責任感の強い人ほど、ストレスにより体調を壊してしまっている人が多いそうです。そこで、もう一度ゼロから自分自身を見つめなおしていきたいと思います。

2年目で看護師を辞めたいケース

都内の病院に勤務し、看護師2年目です。毎日毎日、定時で帰れないどころか、タクシーで帰るか、よくて終電で帰っています。とにかく担当している病棟での看護師の人数があまりに少なく、一人あたりの業務量が多いのが原因です。そのため、休みを頂くのも、申し訳ない気持ちになり、滅多なことでは取ることができません。みんな深夜まで残っていて、若手なので、早く帰ろうとすると白い目で見られるのが現状です。このような状況では、さすがに限界だと思っています。日本における看護師の数は年々増えてはいるものの、まだまだ看護師の数が需要に追いついていない状況だと思います。とにかく体力的にも精神的にもキツイということで、転職を検討したいと思っています。

3年目で看護師を辞めたいケース

看護師3年目です。職場の雰囲気が悪いです。些細な事で怒られますし、新人として入ってきた看護師に対する当たりが強い職場です。新人看護師に変に仕事を押し付けたりしているような感じです。そんな感じなので、職場の士気が下がり、なぁなぁと仕事をこなして、給料さえもらえばいいという感じになっています。一方、こんな環境では、患者さんのために、本当に仕事ができているのかについて疑問に思っています。他にも、先輩から無視されたり、いじめを受けたり、医師からのセクハラを受けるといった人間関係の悩みがつきません。こういたことから、ストレスにより、胃腸炎になってしまいました。結局、この職場は諦めて、転職活動をすることにしました。

4年目で看護師を辞めたいケース

私は、他業種からの転職で、看護師になりました。4年目になります。今の病院は、理不尽で、厳しい年功序列や派閥があります。例えば、休憩室の話題は、影響力のある先輩ナースの会話が占め、それをみんなが黙って聞いています。それに、1年目より他業種からの転職なので、現役生の新人とは違う扱いをされ、劣等感を植え付けられました。当時の怖い先輩達は今は異動しましたが、病院内で見かけると動悸がします。いくら自分が年上でも仕事の世界では自分のほうが後輩になります。生活のために看護師になりましたが、自分がどんな看護師になりたいのか、何をやりたいのかも考えられません。身体症状には出ていませんが、アルコールの量は増えるし、禁煙もいつ再開するかわかりません。 看護師以外の友人はいますが、「資格があるからいいよね。 そんな大変な仕事してないからよくわからないよ」 と言われ、相談もできません。看護師以外の仕事に戻りたいですが、戻れないならここにいるしかありません。

5年目で看護師を辞めたいケース

こちらは、現在の職場の中で、異動を試みたケースになります。看護師5年目になります。私は、新人の頃から、時間に忙殺されていました。毎朝7時集合が基本なのですが、先生によっては、5時に出勤してくる人もいます。また、その病院では、看護師が手術の一部を担うところまでやっていたのですが、私は、大学の看護学部で、手術の方法について詳しく学んでおらず、ついていけませんでした。そんな中、ミスをするたびに、先生や先輩看護師から怒られ、自己嫌悪に陥ってしまい、ストレスから味覚障害になってしまいました。そこで私は、こんなにも無理して働かなければならないのか、とやはり自分の働き方を見直すようになりました。そこで、すぐに転職をしようとは思わず、去年に異動希望を出すことにしました。看護師の世界では4、5年目で異動の時期が来ると言われていますが、私は運良く自分の希望が通り、もう少し穏やかな、内科への異動となりました。その内科は、前の科以上に忙しかったように思いますが、全く嫌だと思いませんでした。前の科よりも人は多く、みんな穏やかだったからです。私のように、現在の職場で悩まれている方は、まずは、院内の異動を検討してみてはいかがでしょうか。院内の異動は、環境は変わってもノーリスクです。だから、今自分が辛いと感じている理由が、人や周りの環境だとすれば、先に異動から考えるといいと思います。それでもその異動の可能性も無い場合には、転職を検討すればいいと思います。

10年目で看護師を辞めたいケース

私は、看護師を10年以上やってますが、辞めたいときは1年目からずっとありました。そのときは、同期と比べられ、ミスが多くて仕事できないって言われてました。しかし、仕事ができないといわれていたので、先輩やリーダーが声をかけてくれて確認してもらえたので、ありがたかったです。そこで、自分も甘えず、確認をしながら仕事しました。その結果、同期は仕事ができると思われていたので、先輩やリーダーから、ほぼ放置状態でした。しかし、あることをしたのが原因で、非難されて退職していきました。そのときは、できないって言われてた方がいいと思いました。その後、3年目は看護研究で嫌になり、4年目は新人指導と主任からのパワハラで嫌になり、5年目は人間関係に疲れ、10年以上経って今でも退職を考えています。なお、看護師を辞めたいって思った時は旅行がおすすめです。色々な人と出会って自分を見つめ直すことができます。また、退職を考えても給料を見てしまうとやめられません。女性でも安定した生活が送れてよかったと思っています。

-入職してからの期間別に見たケース, 看護師辞めたい、辞める
-

Copyright© 失敗しない!ジョブデポ看護師の無料会員登録ならコチラ!最大40万円プレゼントの転職サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.